スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あっという間に
ぞろ目を迎え。
祝福されることの喜びを知った日でした。

サッカーのパスは、他者への信頼が自分への信頼を上回らないとできないらしい。
そしてその信頼が具現化されたパスが自分へ放たれることによって彩られる人生の素晴らしさを語っていた親友。
これにはなるほどと思わざるをえませんでした。

少なくとも、自分がやってたバスケのパスをそういう風にとらえたことはなかったけど、言われてみればそうだなと。

うーむ、自分の人格形成の一端を担ってきたものがなんであるかを考えたとき、確かに色々なものが浮かびますが…

わたくしの場合、その最たるものはドラゴンボールのような気がします。
別にふざけてるつもりはないです(笑)
●●レンジャーとかそういう戦隊ものには一切眼もくれず、ドラゴンボールの虜になってしまった私ですが。
一度はまったらどっぷりのめりこむ性格は、サイヤ人の気質と似たものがあるのではないかというダイナミックなこじつけをしたくもなります。

あと、雑誌やら会話やらを通じて考えたことだけど、国からしてみたら、たぶん法律ほど都合のいいものはない。勉強してて思うけど、先に法律ありきというよりは、とりあえず何か異常な事態があって、それにとりあえず法律をこじつけてなんやらかんやらしてるようにしか思えなくなってきています。
たぶん、今やってる裁判員制度。制度をあまりしらないうちは、その魅力ばかり焦点があてられるけど、ちょっと勉強してみるとそれに代わるような措置は現段階でもちらほらあり。
むしろ浮かび上がるのは、とりあえず「国民の目」というフィルターは介したという権力側からしたらこのうえなく都合のいい言い訳。
これは多分に、いろいろと難しい問題を内包しているのでした。

3月は出会いと別れの季節です。


スポンサーサイト
【2009/03/08 22:50】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
無価値
最近の出来事。

・『悼む人』読了。
執着からの解放。
究極の愛の形。
とりついてた人の人の価値観。
嫌いではない。

・もう3月。
一年の六分の一が終了。
ありえない。

・どうにもならないことを説かれる。
無価値。

・おくりびとのDVD。もうすぐ我が家に。
できればそのまえに。劇場で。見たいものですが。


あれだなー、一人でいたいときと誰かそばにいてほしい時の落差というか調節の仕方がどうにもこうにも。
くだらないことで笑えるって幸せですよね、ふふふん。あーあ。





【2009/03/02 22:16】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。