スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
dodododo
中間報告その2ですが。

慶應は落ちました。笑

直後の手応え的には、中央より慶應の方ができたような気がしたのですが、そうそう甘くはありません。たぶん、刑事訴訟法が壊滅&民法がやや壊滅かなーと。
まぁ反省点が浮き彫りになったので、国立に向けて改善せねばですねー!

ただ、慶應に落ちてみて中央に受かったありがたみを実感しております。
もともと、中央か慶應に受かれば御の字と考えていたくらいですし、合格率の面でもほとんどどちらも変わらないので。それどころか既修に関しては、中央の方が今年は合格率高かったみたいです。
もっとも、志望度としては慶應の方が高かったのは事実ですからショックではないのかと言われればウソになりますが…

国立の出願先は検討中です。
ただ、中央よりも合格率高い上位ロー。
さらに、教授&学生の質、就職面も考慮すれば、候補はだいぶ絞られてしまうんですが。
どこ受けたかとその結果はまた追って報告します。

とりあえずがんばりまーす!!

スポンサーサイト
【2009/09/29 00:17】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
and do
長い期間の沈黙を破っての登場ですが。

中間報告をば。

中央ロー(既修)に無事合格しました。

これで、一年間のニート生活は免れました(笑)

正直、絶対落ちてると思ってたので、嬉しさは人一倍です。
自分は、択一は50/70とそこそことれたのですが、肝心の論文がボロッカスでした(配点は、択一:論文=210:240)。
だから、一次の合格の知らせを聞いた時、本当に耳を疑いました。
中央の試験後、不合格を確信して募集要項を我が家の古紙回収箱にいれてたぐらいなので(笑)

先週あった二次の面接も前半ぐっだぐだだったし、何より二次の面接は形式的なもので合否は一次の時点で決まってるっていうのが通説だったから、自分は結局二次で落とされるのだとかなり後ろ向きな姿勢で面接に臨んだのは紛れもない事実です。
そしてそれでもなお、一縷の望みにすがっていてたのも紛れもない事実です。
約一年、ほんとに劣等感と自己嫌悪と自己不信にさいなまれ続けてきたわけですが、ほんの少し救われたような気がしました。

あと、慶應の発表も迫っているのですが、こちらはやや厳しいかなというのが正直なところです。結構論文で書き落とした点がありますし科目によっては結構ひどい答案に仕上がっています(苦笑)
もう受かってるのを祈るしかないんですが。

ひとまず…行先は確保できました。安堵です。



【2009/09/20 01:11】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。