スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
素敵な思い出
結局、高校時代というのは自分の中でかなり大きなウェイトを占めている時期だったなと思う。

大げさかもしれないけど、あの3年間で人生における喜怒哀楽らしきものをだいたい経験したような気が。



明日はオリエンテーション。はやくも最終学年。

前期は苦手の民事系を克服したい。

一年通じて成績的にはなぜか好調だった刑事系についても油断せずに…つか、刑訴の百選はやくでねーかな。

公法系については前期は判例中心で。

選択科目は、ゼミと授業で。

択一は毎日10問。

こんな感じで。



最近はまってる曲。
『Its you Its me』(KASKADE)

『Move your feelings』(MAKAI)

jazztronikとDAISHI DANCEにはまったあたりから気づいてたけど、ハウスが好きなのね、私。

ドライブにぴったり。



スポンサーサイト
【2011/03/30 01:19】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
無題
次、更新するとき、まさかこんな事態になっているなんて…という感じですが。

僕も11日は東京におりまして。

相方を羽田まで迎えに行って、家について荷物を置いた瞬間でした。

結局、ほとんど家から出ることなく4日間過ごしました。

余震のメールやらテレビの緊急地震速報で、夜も眠りは浅くて体が重い感じです。地震酔いで気持ち悪いし。

それでも、津波の被害にあった人からしたら、全然マシですが…

学校もガラス割れてて、建物にヒビ入ってたんで、不安です。

あっちにいてもあまり勉強はかどらないし落ち着かないので、結局、今日から福岡に戻ってきてます。

ゼミも延期になったので。

ツイッタ―、mixiなど色々と情報(虚偽も含め)飛び交ってますが、とりあえず自分は普通に地道に勉強しようかと思います。

でしゃばりすぎず、自分がやらにゃいかんことをやろうかなと。
【2011/03/16 00:42】 | 非日常的な | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
あー
先日、エクスターンを終えて東京に戻ってきました。

エクスターンは結構きつかった(友人の話聞いてると特に自分の事務所はきつかったぽい)けど、その分得るものは大きかったです。

訴状や意見書の起案は、回を重ねるごとに自分の処理スピードがあがっていくのを実感できました。
ただ、最後まで正確さには若干欠ける部分があったなと反省です。

法律相談にはかなり同席させてもらったし、飲み会やら会食とかにも連れていってもらったので、本当に色々な人との「出会い」の機会であったように感じます。

ただ、自分の中で大きかったのは、
①「体力勝負」の仕事であることを実感できたこと
②全く興味のなかった分野に興味を持てたこと
だと思われます。

特に、②については少年事件がそうでした。少年法の条文すら一度も見たことなかった私ですが、審判の意見書を書く機会があり、少年と面会したり記録を読んだりする中で考えることが多かったように思います。
その中でも、やっぱり「対話」の重要性を実感した。少年と面会した後の方が、意見書の内容に厚みが出たし、何より自分の意見書をかく姿勢が変わった。やっぱり、書面からは見えない思想や性格等一切を含めたその少年の「顔」が見えたのが大きかったんだろうと思います。

①については、OB会の会食で自分に挨拶が回ってきたときにそのことを言ったら、一番大御所っぽい先生がめちゃくちゃ頷きながら「本当にその通り」とおっしゃってたので多分間違いないと思います。笑

ただ、先生方や事務員の方とやっと打ち解けてきた時期に終了を迎えてしまったのが残念でしたけど。
それでもうちが3週間の期間を設けてるのは長い方なので(他ローは1週間が多くて、長くて2週間)仕方がないのかなとも思いますが。

本当に行ってよかったです。
【2011/03/10 02:18】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。